トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

柳、6失点…10勝5度目も足踏み 「あまりよくない」直球狙われた

2019年8月18日 紙面から

2回裏2死一、三塁、太田に勝ち越しの2点二塁打を浴び汗をぬぐう中日・柳=神宮球場で(小沢徹撮影)

写真

 初の10勝に王手をかけてから1カ月余り。柳が勝てない。5度目の正直もならずチームも敗戦。6イニングを7安打6失点で5敗目を喫した右腕は敗軍の列に連なり、唇をかみしめた。

 「点を取られすぎてしまった。点を取ってもらった次のイニングにしっかり抑えることができず、リズムに乗ることもできませんでした」

 立ち上がりから球が高かった。1回に先制され、逆転してもらった直後の2回には太田の2点適時打などで再逆転された。4回に自らの2点二塁打で同点に追いついたのもつかの間、村上の右越えソロですぐに勝ち越された。

 6回2死からは再び村上に2打席連続のソロを浴びる。打たれたのはいずれも140キロ前後の直球。試合後は「真っすぐは正直、あまりよくないですね」と認めざるを得なかった。

 3年目でローテを守り続けるのは初めて。夏場を迎えて疲れもたまっている。ヤクルトとは7戦目。阿波野投手コーチは「対戦を重ねる中で相手も絞ってきている。そこに高い球がいってしまっている」と指摘する。それでも序盤で代えなかったのは期待するからこそ。「10勝するのは簡単なことではない。どう乗り越えるか。粘りだとか、長打を打たれているところを単打にするとか」。1年目から4年連続で2桁勝利を挙げた阿波野コーチが道筋を示す。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ