トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大島、109戦目やっと出た1号 「意識して狙う必要ない」

2019年8月17日 紙面から

ヤクルト−中日 ナインとタッチを交わす大島(左から2人目)=神宮球場で(平野皓士朗撮影)

写真

 最後のピンチをしのいで勝利を収めると、大島は安堵(あんど)の表情を浮かべた。「勝って良かった」。9回2死一、二塁でバレンティン。長打で同点、本塁打で逆転サヨナラという状況で中飛をつかんだ。何とかゲームセットとなったのだが、自分がピンチを招く一因ともなっていた。

 1死一塁から青木が放ったセンター後方の飛球に、一度は捕球体勢に入りながら、予想以上の強風に流され、捕ることができなかった(記録は安打)。「風ですごく流されて、追いついたら急に伸びた」。引き揚げる時に苦笑いを浮かべていたが、勝ったから、笑顔になれる。その勝利への流れを呼んだのが自身のバットだった。

 1回1死一塁で右翼へ先制2ラン。大島にとって、これが今季109試合目にして第1号本塁打だった。プロ2年目から9年連続本塁打を記録したが、109試合目の1号はプロ入りしてから最も遅かった。

 ノーアーチを、大島は全く気にしていなかった。「出るに越したことはないが、意識して狙う必要はない」。安打数や打率で1位になることを目指す男は、本塁打には執着していない。だから、「初回に先制点を取れて、素直にうれしい」と、負けられない試合で先制点をもたらしたことを喜んだ。

 ちなみに、この1号弾については「風じゃないですかね。風が吹いていたから、うまく打てば入るかなと思っていた」。最終回はヒヤヒヤする要因となった風が今季初アーチを呼んだと、笑顔で振り返っていた。

 2打席目と5打席目にも安打を放ち、今季12度目の猛打賞もマーク。「ホームラン1本で終わらず、2本目、3本目をしっかり打てたことが良かった」とうなずいた。同じ外野で攻守のキーマンである平田が右手首に死球を受けた影響で欠場。その分までカバーする働きぶりだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ