トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

主力ケガ続出…アル今季絶望 平田は右手首死球で負傷交代

2019年8月15日 紙面から

中日−阪神 2回裏2死、平田が死球を受ける(今泉慶太撮影)=ナゴヤドームで

写真

 アイタタッ。またも主力が抜けて逆転負けだ。中日は14日の阪神戦(ナゴヤドーム)で、序盤に3点リードしながら、平田良介外野手(31)が死球を受けて交代すると失速。3−6で敗れた。アルモンテが今季絶望となったのに続き、また心配のタネが増えた。

 3点のリードが、遠い昔に感じるような尻すぼみだった。リードオフマンに戻った平田の二塁打から始まった先制攻撃。だが、歯車が狂い始めたのは、2回だったかもしれない。平田に悪夢が襲いかかった。

 2死走者なしで迎えた2打席目。秋山の2球目、直球が体の方へ抜けてきた。打ちにいく体勢から急きょかわそうとするが、避けれずに右手首に直撃。平田は苦悶(くもん)の表情を浮かべた。トレーナーが駆けつけたが、歯を食いしばって一塁へと歩み、プレーを続行した。

 しかし、3回の守備に、平田の姿はなかった。名古屋市内の病院へと直行していた。代わりに右翼に入った友永が追加点のチャンスだった4回2死三塁では空振り三振、反撃機だった7回1死二塁では見逃し三振。平田の不在が大きく響いた。

 5回2死無走者から、先発山井が突然の乱調。与田監督が「そこが全てのゲームでした」と語気を強めて勝敗の分岐点を挙げたが、反撃ののろしを上げられなかったことも歯がゆい。

 「やっぱりスタメンで出られない選手が、チャンスをものにできるようにならないと。そういったところを、これからどんどんやっていかないと。結果を残していくしかない」。できた穴は、埋めなければならない。それができずに、指揮官は唇をかみしめた。

 気になるのは平田の状態だ。病院でエックス線検査を受けた。診断結果は右手尺骨茎状突起部周囲打撲。ナゴヤドームに一度戻り、引き揚げる際に平田は「骨折はしていませんでした。ただ、それ以上の診察は怖かったのでしていません」と明かした。

 病院側からは磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けるように勧められたという。しかし、「残り試合は少ない。試合に出たい気持ちがあったし、自分が離れるわけにはいかない。残り試合、全部出たい」と拒否していた。こぶしを強く握れないほど痛みがある。もちろん腫れも。それでも、いけると判断した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ