トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

星稜・奥川にスカウト「根尾級」

2019年8月13日 紙面から

写真

 中日が“根尾シフト”で星稜(石川)の奥川恭伸投手(3年)をマークする。甲子園視察中のスカウト陣が、初戦に続いて、13日に行われる星稜の2回戦・立命館宇治(京都)戦を全スカウトでチェック。甲子園大会で1人の選手を2度視察するのは、ドラフト1位指名して中日入りした昨夏の根尾(大阪桐蔭)以来だ。

 例年は、全出場校が出そろった日に甲子園を離れる。だが、今回は翌日に星稜の試合があることから1日延長。昨年も同じ形で、根尾を2試合視察した。中田スカウトアドバイザーは「次の日だから、見て帰ろうということ」と説明したが、高評価の表れでもある。

 12日は午後から兵庫県芦屋市内でスカウト会議を開いた。高校生候補を40人ほどにしぼり込み、1位候補には奥川や最速163キロの大船渡・佐々木、最速153キロで大学ナンバーワン右腕の明大・森下らの名前が挙がった。松永幸男編成部長は「いい選手を取りにいくということ。上位は投手中心になると思う」と話した。 

  (麻生和男)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ