トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大島、今季10度目猛打賞 2戦ぶりスタメン「8月が勝負」

2019年8月12日 紙面から

DeNA−中日 7回表無死二塁、大島が中前に適時打を放つ=横浜スタジアムで(中嶋大撮影)

写真

 バットは口よりも雄弁だった。2試合ぶりにスタメンに復帰した大島が3安打2打点。試合後は「何もないです」と多くを語ろうとしなかったが、打線に欠かせない存在であることを存分に証明した。

 まずは1回無死二塁。フルカウントから今永のカットボールを右翼線に運んだ。「うまくバットに当てることができました」。平田とのコンビであっという間に先制点をもたらした。

 3回無死一塁では右前打で好機を拡大。アルモンテの適時打につなげ、ビシエドの犠飛で生還した。7回無死二塁でも飯塚のフォークを中前へはじき返し、今季10度目の猛打賞。貴重な追加点をたたきだし「いいところに飛んでくれました」とうなずいた。

 前日は今季初めて先発を外れた。伊東ヘッドコーチは「9連戦の真ん中なので体調も考慮した」と説明したが、8月の月間打率が2割台前半にとどまることとも無関係ではなかった。

 それでも首位打者、最多安打、盗塁王を射程に狙う男には納得できるはずもない。「数字は最後まで意識することはないと思う」と強調する一方、「ずっと8月が勝負だと自分の中で思ってやってきた」とも明かす。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ