トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【ファーム竜情報】 ドラ3勝野、7回途中まで2失点

2019年8月11日 17時32分

7回途中を2失点に抑えた勝野

写真

 中日のドラフト3位・勝野昌慶投手(22)が11日、ウエスタン・リーグの阪神戦(金沢)に先発し、6イニング3分の1を6安打2失点に抑えた。試合は同点の9回、無死満塁から三ツ俣が中前へサヨナラ打を放ち、3―2で勝った。

 酷暑の中での力投だった。右肘炎症から復帰して約1カ月、勝野が復帰後最長のイニングを上々の内容でカバー。3イニング5失点だった1日のソフトバンク戦(ナゴヤ)からしっかり修正してきた。

 「前回は荒れていたので、きょうはちゃんとバッターと勝負して、インコースに投げられたし、変化球もしっかり投げられました」。初回は2死二塁から江越の適時二塁打で先制を許した。それでも徐々にエンジンがかかり、2回以降は4イニング連続無失点。同点の6回には板山に勝ち越しソロ。7回1死から上本に左前打を許したところで田島にマウンドを譲った。

 今季は5月17日に1軍初昇格し、同24日のヤクルト戦(神宮)でプロ初勝利をマークした。ここまで3試合に登板し、1勝2敗、防御率6・06。5月31日以降はファーム暮らしが続いているだけに、好投を続けて再昇格につなげたい。(鹿嶋直樹)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ