トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

本拠地初登板の山本がプロワースト5失点「向かっていくことができませんでした」

2019年8月7日 19時24分

巨人戦で先発した山本=ナゴヤドームで

写真

 中日・山本が7日、巨人戦(ナゴヤドーム)で先発すると6イニングを111球の5安打6四球5失点で降板した。3回までは無安打も、4回先頭の岡本に中前打を許すと、四球などでピンチを広げ、1死一、三塁から大城の中犠飛で先制点を献上。5回は2死走者なしから坂本勇に四球を許すと、丸に右越え2ランを被弾。さらに岡本の左中間二塁打、続く阿部に右越え2ランを浴びて、この回だけで4点を失った。6回は無失点で切り抜けると、その裏の打席で代打を送られた。登板後「ボール先行でストライクをとりにいったボールを打たれてしまいました。相手と勝負することができず、向かっていくことができませんでした」と振り返った。

 プロ2年目の19歳、山本は前回7月31日の阪神戦(甲子園)でプロ初勝利をマーク。本拠地ナゴヤドームでの登板は今季3度目、プロ通算4度目で初めて。1試合5失点はプロ4試合でワーストとなった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ