トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【龍の背に乗って】0ボール2ストライクからの本塁打

2019年8月7日 紙面から

2回裏、福田が右中間に先制ソロを放ちベンチで祝福される=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)

写真

 その昔、野球界にはルール、いや厳しいおきてが存在した。「外国人の初球に打たれるな」、「2ストライクから打たれるな」…。打たれると怒られる。本塁打などもってのほか。ほとんどのチームで罰金の対象となっていた。

 人間は叱られたくない。だから外国人には大きく外すボール球から入るようになったし、2球で追い込んだら外角に外すのがセオリーになってしまった。20世紀の遺物。そもそも、プレーの結果で罰金を徴収することじたいが、今やコンプライアンスに抵触する。

 投手が絶対優位。だから一気に攻める。価値観は変わり、3球勝負は罰金どころか奨励される時代になった。防戦の打者はどうするか。6回、2死。福田は追い込まれてからの3球目を、バックスクリーンまで運んだ。

 「まずはコンパクトにいこうと思いました。チェンジアップ2球で追い込まれて、高め(のボール球)に1球くるかなと準備はしていました。(ストライクの)高めだったので、振らなきゃ間に合わない。うまく反応できたと思います」

 これが通算62本目にして、彼が0ボール2ストライクから本塁打を打ったのは初めてだ。そして、チームは今季64本塁打を放ったが、こちらも初めてである。

 今季のセ・リーグを調べてみた。計587本塁打のうち、0ボール2ストライクから打ったのは福田で10本目。割合にして1.7%。10人のうち6人が外国人選手だ。この理由はよくわかる。日本人は絶体絶命でもあきらめず、しつこく、何とか食い下がろうとする。子どものころから「三振では何も起こらん!」とたたき込まれるからだ。あらゆる球種に対応するからスイングは小さくなる。外国人は真逆。不利な状況を打開するために、こんなときこそヤマを張る。外れたらごめんなさい。三振もゴロも同じでしょという考えだ。

 確率1.7%の“逆転の一打”を見られたのも気持ちよかったが、この日の福田は4度しかバットを振っていない。凡打どころか空振り、ファウルも一切なしとはまさしく「あっぱれ」。

(渋谷真)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ