トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

福田、2発だ4安打4打点だ 竜9連戦会心G倒スタート!!

2019年8月7日 紙面から

中日−巨人 6回裏2死、福田が中越えソロを放つ(今泉慶太撮影)=ナゴヤドームで

写真

 中日の福田永将内野手(31)が6日、巨人戦(ナゴヤドーム)の2回に先制のソロアーチを放ち、4年連続2桁本塁打を達成した。4回にも追撃の適時二塁打で2点目をたたき出すと、6回には中堅バックスクリーンへ豪快に11号ソロ。8回にもダメ押しの中前適時打で4打点を挙げ、6月30日の阪神戦(同)以来となる完封勝ちに貢献した。福田はここ4戦で4本塁打の大当たり。夏場の勝負の9連戦、そのスタートに頼もしい長距離砲の復調だ。

 力強い打球が右中間方向へとグングン伸びていった。2回、1死で迎えた1打席目。打球角度がやや低く、福田は本塁打とは確信できなかった。しかし、感触は「完璧」。白球は竜党が待つスタンドへ吸い込まれるように達した。福田らしい右方向への一発は、4年連続2桁本塁打となる10号先制ソロ。イメージ通りの一打で気分は乗った。

 「1打席目打てたので、続けていこうと思った」。福田劇場が幕を開けると、4回には左中間を破る適時二塁打。6回にはバックスクリーンへたたき込み、昨年7月21日のヤクルト戦(神宮)以来自身3度目、ナゴヤドームでは初の1試合2本塁打をマークした。そして8回にも中前適時打を放った。

 お立ち台で「自分でもビックリですけど、素直にうれしい」と驚いたように、昨年5月15日の広島戦(ナゴヤドーム)以来の4安打。2本塁打、4打点でG倒の主役となった。今季の巨人戦は29打数12安打の打率4割1分4厘、4本塁打、11打点と大暴れだ。

 試合前のミーティング。いつもと空気が違った。伊東ヘッドコーチが「この9連戦、今季のチームにとって一番大事な連戦になる」とゲキを飛ばした。福田も「本当に負けられない。チーム状況的にちょっとずつ勝ち越しでなく、一気に連勝して、一気に上げていかないといけない」と呼応し、選手会長らしくチームをけん引した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ