トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ロメロ、6イニング2失点も反省 「痛かった」先制直後の同点被弾

2019年8月2日 紙面から

阪神−中日 6回裏2死三塁、マルテに中前適時打を許すロメロ=甲子園球場で(黒田淳一撮影)

写真

 6イニング2失点と試合はつくった。ロメロは「リズムよく投げることと自分の投球をすることに集中できたよ」と来日初の阪神戦登板を振り返った。「でも…」と反省したのは点の取られ方だ。

 先制した直後の5回。8番に入った北條に高めに浮いた直球を左中間席に運ばれた。「試合はつくれたんだけど、点をもらった後の本塁打。あれが痛かった…」と声を落とした。

 6回には無死から糸井、大山に連続安打。続くソラーテを併殺打に打ち取り2死三塁までこぎつけたものの、マルテに外角の直球を中前にはじき返されて勝ち越し打を許した。

 マルテとは同じドミニカ共和国出身。母国や大リーグで何度も対戦してきた。日本では初対戦ながらよく知る相手。「いいバッターだからね。ボール球を投げたんだけど、もっと低めに投げないといけなかった…」とその一球を悔やんだ。

 ただ成長の跡は確実にみせている。阿波野投手コーチは「走者が出るとまだリズムが乱れるところがある」としながらも「クイックもできるようになったし、自分のペースで投げられるようになった」と落ち着いた投球を評価。来日初の甲子園の独特な雰囲気のマウンドも「全然気にならなかったよ」と自分を見失うことはなく、精神的な成長をみせている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ