トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

38歳・藤井、19歳援護打

2019年8月1日 紙面から

阪神−中日 6回表1死一、二塁、代打藤井が中前適時打を放つ。投手青柳(黒田淳一撮影)=甲子園球場で

写真

 チーム最年長野手が19歳のプロ初勝利をアシストだ。山本の好投で2−1の1点リードで迎えた6回1死一、二塁の好機。武山の代打を告げられた藤井が集中力を高め、打席に向かう。

 「初球からどんどん振っていこう」。阪神・青柳の141キロの直球をバット一閃(いっせん)。中前へきれいにはじき返し、二走・阿部を迎え入れた。「しっかり自分のスイングをすることができました。貴重な1点を打ててよかったです」

 結果的には、この一打が高卒2年目右腕のプロ初勝利を演出した。山本降板直後の7回に救援の福が打たれて1点差。藤井の適時打がなければ初勝利はお預けとなっていた。「山本が頑張っていたんでね。人生も懸かっていたと思うので、本当によかったです」と19歳差の後輩の活躍に目を細めた。

 自身としても12打席ぶりの安打。適時打に限って言えば6月17日のロッテ戦(千葉マリン)以来、約1カ月半ぶりだ。

 「素直にホッとしているっていう感じですね。(自身の)気持ち的にもよかったです」と胸をなで下ろした藤井。正念場の後半戦こそ、ベテランの勝負強さが必要になる。 (谷大平)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ