トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

三ツ間が大ピンチ救った 藤嶋退場でスクランブル登板

2019年7月10日 紙面から

中日−広島 6回表2死二塁、菊池涼をフェンスぎりぎりの左飛に打ち取り安堵の表情を見せる三ツ間(中嶋大撮影)

写真

 まさかのスクランブル登板でも、三ツ間は落ち着いていた。「一度肩をつくっていたし、4年間やってきた経験がある。緊急登板も過去にはある。時間の使い方、気持ちの持ちようも分かっていた」。ブルペンで4球だけ投げ、マウンドへと小走りで向かった。

 藤嶋の危険球退場による緊急登板。1点リードとはいえ、5回1死満塁の大ピンチだ。ただ、普段12球で肩をつくっている強みがある。マウンドで投球練習し、打順を確認し準備は整った。会沢への初球に選んだのは「一番自信のあるボール」ツーシーム。ファームから何度もコンビを組んできた石橋と意見が一致し、迷いなく腕を振った。

 内角に外れたが、胸元を攻めることができた。いつもの強気の投球ができ、勢いづいた。会沢をそのツーシームで右飛に打ち取り、安部は一ゴロに。その裏2点の援護点があったが、6回もツーシームを軸に果敢に攻め、スコアボードにゼロを刻んだ。

 与田監督の下、開幕から多くの選手が1軍起用された。しかし、三ツ間は呼ばれなかった。「悔しい気持ちがあった。家では不安を見せたくなかったけど、どうしても出てしまった」。そんなとき「プラスの言葉を返してくれた」のがオフに結婚した法子夫人だった。焦り、いら立ちを抑え、前を向かせてくれた。

 2軍のデーゲームにあわせ家を早く出るときも、ナイターで遅く帰るときも、欠かさず愛情のこもった手料理を用意してくれていた。4月に誕生した第1子の長男・伊吹君の存在も言葉にできないほど大きかった。「顔を見るだけで癒やされる」。家族が心を奮い立たせる原動力であった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ