トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

オリックスから左腕・松葉ら獲得 2対2トレード、W松井が移籍

2019年6月30日 21時5分

中日への移籍が決まった松葉は今年3月、中日とのオープン戦にも登板

写真

 中日の松井佑介外野手(31)、松井雅人捕手(31)とオリックスの松葉貴大投手(28)、武田健吾外野手(25)の2対2のトレードが30日、両球団から発表された。さらにスティーブン・モヤ外野手(27)も金銭トレードで移籍することも発表された。互いにリーグ下位から巻き返しを図るチーム同士の思惑が一致した。

 松葉は大体大から2013年にドラフト1位で入団した7年目の左腕。14年には8勝、16年には7勝を挙げた実績を持つ。今季は5試合に登板し、防御率5・56で4敗だった。武田は福岡・自由ケ丘高から13年にドラフト4位指名を受け入団した右打ちの外野手。17年には97試合に出場し打率2割9分5厘をマークした。今季は6試合の出場で打率は1割2分5厘だった。

 松井佑は東農大から10年にドラフト4位で中日に入団。けが人が相次いだ17年に4本塁打を放つ活躍をみせたが、今季は16試合の出場で打率2割1分9厘だった。松井雅は上武大から10年にドラフト7位で入団。昨季はチームの捕手で最多となる91試合に出場した。今季は20試合に出場し打率は2割1分2厘だった。

 

 モヤは18年に来日すると数少ない出場数ながら打率3割1厘、3本塁打。今季も7試合で打率2割2分7厘、1本塁打をマークした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ