トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ビシエド盗塁にナゴヤDどよめく 井領の適時打でダメ押し生還

2019年6月30日 紙面から

中日−阪神 5回裏1死一塁、ビシエドは二盗を決める(中嶋大撮影)=ナゴヤドームで

写真

 巨体を揺らしながら、思い切り走った。観衆もどよめいたビシエドの盗塁。迫力満点のスライディングで二塁に達した。捕手からの送球がややそれたこともあるが、主砲の今季初盗塁は大きな1点につながった。

 5回だった。幸先よく2回に一挙5点を挙げ、もうひと押しがほしいところ。1死からビシエドは左前打で出塁。相手投手は、スタートが遅れやすい左腕の島本だった。それでも躊躇(ちゅうちょ)はしなかった。無警戒と見るや、3球目にスタートを切った。

 「サインだよ、サイン。良い盗塁だっただろ。今季1個目さ。井領が打ってくれたから、得点に結び付いて良かったよ」

 サインはおそらく、いけたらいっていい、いわゆる「グリーンライト」だっただろう。後続の井領の適時打で生還。与田監督も「うまく走ってくれた。相手も警戒していなかったかもしれないけど、追加点がどうしてもほしいという展開だったので、流れとして良かった」と絶賛した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ