トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

梅津、夢が膨らむ本拠マウンド 初の1軍練習、指揮官から助言も

2019年6月28日 紙面から

1軍練習に合流した梅津(右)に指導する与田監督=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)

写真

 中日ドラフト2位・梅津晃大投手(22)=東洋大=が27日、ナゴヤドームで行われた1軍練習にプロ入り後初めて参加した。与田剛監督(53)から直接指導を受けた右腕は今季中の本拠地登板を目標に定めた。

 これから主戦場となる場所の感触は心地よかった。練習の終わりに梅津が向かったのはマウンド。確かめるように9球を投じると印象を語った。「少し高いなとは思いましたけど投げやすかったです。自分が投げているイメージもできましたし、今年中に試合で投げてみたいですね」

 初参加となった1軍練習は刺激たっぷりだった。ブルペンでの投球練習は首脳陣がずらり。それでも「変に緊張とかはしなかった」と40球程度を投げアピール。個別練習中には与田監督から投球動作の体重移動についてアドバイスを受け「新鮮でした」と目を輝かせた。

 練習を見守った指揮官は「梅津や勝野は戦力になってくれると思って取っている。また後半に出てきてくれたら」。楽天の2軍投手コーチ時代に東洋大との練習試合でほれ込んだ逸材だけに、期待を寄せるのは当然だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ