トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

松坂1軍は早くても後半戦

2019年6月25日 紙面から

キャッチボールで調整する松坂=ナゴヤ球場で

写真

 中日の松坂大輔投手(38)の1軍復帰は早くても後半戦になることが24日、濃厚となった。次回登板について、小笠原2軍投手コーチが「舞洲(オセアンBS)の方でと思っている」と話したもので、7月5〜7日のウエスタン・リーグ、オリックス戦で先発する見込みとなった。

 ナゴヤ球場での2軍の一部投手による練習に参加した松坂。打撃練習に最長40メートルほどのキャッチボールなどで汗を流した。キャッチボール後には、相手を務めた梅津に10分以上に渡ってアドバイスする姿も。21日のウエスタン・リーグ広島戦(ナゴヤ)で6イニング2失点と好投し、その後も順調である。

 1軍には状態の良さが報告されているが、小笠原2軍投手コーチは「他の投手との兼ね合いもある」と言う。1軍は29、30日の対阪神2連戦(ナゴヤドーム)の後、7月2日から9日まで9連戦で前半戦を終える。先発ローテーションには柳、大野雄、ロメロ、吉見、清水がおり、21日に出場選手登録を抹消された山井も1軍に同行。6人がスタンバイしており、松坂の登板は現状では予定されていない。

 次回まで登板間隔が空くが、松坂は「言われたところで投げるだけです」と話した。再び2軍戦に登板し、1軍昇格を待つことになった。 (島田明)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ