トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

1位根尾「まずは土台築く」 同学年活躍に悔しさも足元見る

2019年6月25日 紙面から

体力不足を課題に挙げる根尾。土台づくりに必死だ=ナゴヤ球場で

写真

 理想と現実のはざまで19歳の心は揺れ動く。「同学年に負けたくはないです。でも今、僕は2軍にいる。その事実を受け止めて、まずは土台を築いていきます」。言葉の端々からにじむ悔しさ。それでも現実を受け入れて、根尾は足元を見つめていた。

 ロッテ・藤原、日本ハム・吉田輝、広島・小園。昨秋のドラフトで「ビッグ4」として注目を浴びたライバルたちはすでに1軍の舞台に上がった。同じ遊撃の小園は20日から3試合連続でスタメン。吉田輝は23日に自分より先にナゴヤドームに立った。実感する自分の現在地。根尾は、己を支える心技体の全てが「まだまだ足りない」と言い放つ。

 特に痛感するのは体力。高校時代と違い、プロは毎日試合が続く。蓄積する疲労はプレーの自由を奪う。「足が重いなと感じるときはあります。そういう部分でも体の弱さを感じます」。常に万全の状況でプレーできるわけではない。ここにもプロの難しさを感じている。

 本人が納得しない一方で確かな成長の跡も刻む。課題だった打撃は6月に入り改善の兆しが見えてきた。森野2軍打撃コーチは「打つポイントが体の前にくるようになった」と目を細める。守備でも少しずつプロのスピードに慣れ、荒木2軍内野守備走塁コーチは「自分の中で消化して毎日練習に臨んできているからね」と話す。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ