トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【龍の背に乗って】無失点リレーでも中継ぎ報われず 惜敗よりは「10−9」の辛勝を!

2019年6月21日 紙面から

 ずいぶん昔のことだが、ある野球人の思い出話が耳にこびりついている。

 「2軍にいる投手が、どんなことを思いながら1軍の試合を見ているかわかるかい? 10−9で勝て! そう念じるんだよ。なぜって? オレたちリリーフはチームが勝たなきゃ報われない。でも、仲間が打たれなくちゃお呼びがかからない。だからだよ」。聞いたときはひねくれ者の言葉かとも思ったが、何度考えてもこの理屈にスキは無い。

 福、祖父江、ロドリゲスで3イニング2/3。西武はマーティン、平井、増田で4イニング。同じようにリリーフ投手はゼロでつないだが、報われたのは西武の方だ。チームは勝ち、自分にもホールドやセーブがついた。

 「(リリーフは)よく頑張ったね。今日は(長いイニングを投げられない)ニールだから、投手をつぎ込むと決めていた。普通ならマーティンは1イニングだけど、ニールだったからね」

 辻監督のねぎらいの言葉も勝ってこそ。山賊打線を擁しながら、思うように勝ち星が伸びていないのは12球団最弱の投手陣だからだ。40ホールド、268与四球、32暴投はすべて12球団ワースト。ところがこの3試合、中日はのべ8人の救援投手に計9イニングを“完封”された。

 「2、2、1点か。1試合でいつも(足した5点を)取られるのにね。投手も一生懸命やってきた。増田もマーティンも状態はいいから締まった試合になる」と辻監督の会見もますます滑らかになる。3戦5得点。その原因はわかっている。何度も書いてきたアレだ。

 「今日はゼロ? あら珍しい」。辻監督が笑ったのは無四球。3戦でも2つだけ(他に2死球)。当て込んでいた制球難がもらえないと、こんな結末になる。

 西武のリリーフは3戦で1勝2セーブ2ホールドを名古屋土産に持ち帰った。中日はゼロ。人はねぎらいの言葉と数字で報われる。1−2の惜敗より、どうか10−9でも辛勝を−。

 (渋谷真)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ