トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【ファーム竜情報】松坂、中継ぎでの1軍登板も辞さず

2019年6月19日 19時38分

ブルペンで投球練習する松坂

写真

 右肩炎症の影響で2軍調整が続く中日・松坂大輔投手(38)が19日、中継ぎ登板も辞さない決意を示した。21日のウエスタン・リーグ、広島戦(ナゴヤ)で先発が濃厚の右腕は「チームのためになるのであれば、どのポジションでも力になりたい」と考えを語った。

 松坂の口から出たのは驚きの言葉だった。「先発をやりたい気持ちはありますけど、チームのためならどのポジションでも力になりたいなとは思います」。先発として確固たる地位を築いた男が仕事場を変えても構わないというのだ。

 中継ぎの経験がないわけではない。日本球界では計15試合で3勝1セーブ、防御率3・76。さらにメジャー時代には計26試合で1勝1敗1セーブ、防御率3・82の数字を残している。だが「中継ぎは簡単なポジションではない」と自身も承知の上。それでも苦しむ竜を支えたい。18日現在で救援陣の防御率はリーグワーストの4・08。今季も泣きどころとなっている。

 さらに自身の状態のよさも発言を後押ししているようだ。「現段階では去年よりいい」。その証しの一つがブルペンに入る回数。「昨年は登板間に入ることもほとんどなかった。(今年は)入ろうかなと思える状態」と話す。この日もナゴヤ球場のブルペンで変化球を交えながら54球を投じ調整した。

 だが「もちろん先発にこだわりは持っています」と話すように、真っさらなマウンドに立つことを最優先に考える。次の登板は中6日で21日のウエスタン・リーグ、広島戦(ナゴヤ)となりそうだ。「球数とイニングをできるだけ長く投げていけるようにしたい」と意気込む。

 現実的には故障明けの松坂を連投が必要な中継ぎで起用する可能性は低い。だがどのポジションでも1軍の戦力になるには実力で示すしかない。背番号18にとって大事なマウンドになりそうだ。

(長森謙介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ