トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

昨季首位打者ビシエドが本領発揮の7度目猛打賞

2019年6月13日 19時59分

2回表1死、ビシエドが左中間二塁打を放つ。捕手若月=京セラドーム大阪で

写真

 中日・ビシエドが13日、日本生命セ・パ交流戦のオリックス戦(京セラドーム大阪)で猛打賞をマークした。1回1死から左中間二塁打を放つと、4回1死二塁から左前打、さらに6回1死一塁から左前打。いずれも新人右腕の荒西から荒稼ぎした。今季の猛打賞は7日の楽天戦(ナゴヤドーム)以来7度目。昨年の首位打者がようやく本領を発揮しつつある。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ