トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

阿知羅「逃げなくて攻める!」 連敗脱出へ、魂の投球誓った

2019年6月11日 紙面から

守備練習で打球を捕る阿知羅(小沢徹撮影)

写真

 連敗ストップへの気負いはない。敵地での交流戦6連戦の初戦を任された阿知羅は、意気込みを聞かれると一拍おき、ゆっくりと自らへ言い聞かせるように話し始めた。

 「チームが勝つには自分が抑えて、リズムよく投げることが大事。まずは自分の投球に集中して、魂を込めて投げて、チームが勝てればいい」

 前回登板だった4日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では4本塁打を許し、5イニング5失点で今季2敗目を喫した。試合直後は悔しさのあまり、整理できていなかった修正点。あらためて映像を見直すと「打たれた球は甘い球だった。そこの精度を上げないと」と課題が見えてきた。

 一朝一夕に制球力を上げることは難しい。だからこそ「逃げるんじゃなくて攻める」と腹をくくり、強気に投げ込んでいくつもりだ。

 対戦するオリックスの先発予定は、3月のメキシコ戦で侍ジャパンにも選ばれた高卒3年目右腕の山本。自身が小、中学校時代を過ごした宮崎県の都城高出身ながら、名前を知ったのはプロに入ってから。山本が新人だった2年前、2軍で投げている姿を見て「すごい球を投げるな…」と6歳年下の投球に驚いた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ