トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

与田竜、拙攻&守乱で借金10 次こそ大観衆の前で勝利見せたい

2019年6月10日 紙面から

中日−楽天 連敗し、がっくりと引き揚げるドラゴンズナインら。ビシエド(手前右端)が初黒星の清水(同2人目)の肩を抱いて慰めた=ナゴヤドームで(谷沢昇司撮影)

写真

 またしても大観衆の期待を裏切った。中日は9日、日本生命セ・パ交流戦の楽天戦(ナゴヤドーム)で完敗。打線はチャンスを生かせず、守備にもほころびが出た。与田竜は4カード連続の負け越しで借金は今季ワーストの10。2013年から7年連続で2桁に到達してしまうとともに、最下位のヤクルトと0.5ゲーム差となった。

 必死に戦っても、聞こえてくるのはため息ばかり。3万5087人もの大観衆の前で、また負けた。投打ともにかみ合わず、1度もリードすることなく完敗。借金が2桁の10になった与田監督は試合後、悔しそうに振り返るしかなかった。

 「(2回は)先制のチャンスだったので、そこで何とか取りたかった」

 最初の分岐点は2回だった。先頭・高橋、ビシエドの連打で無死一、二塁。だが、直後の堂上は初球にバントの構えを見せるも、2球目から強攻に切り替え、最後はボール球に手を出して空振り三振。そして続く京田が一直、加藤が三ゴロに倒れて、走者を進めることすらできなかった。

 拙攻の次は拙守だ。直後の3回に3点を失ったが、最初の失点は2死二、三塁から浅村の場面。中前へ抜けそうなゴロを堂上が追いつくも一塁へ悪送球。正確な送球なら無失点の可能性もあったところでタイムリーエラー(記録は安打と失策)だ。守備力の高い堂上だが、実は直前1死一、二塁から渡辺佳の二ゴロを1度は一塁走者をタッチしようとするも、ボールを持っていないグラブで“空タッチ”して一塁に送球。1つのアウトは奪ったが、二、三塁にピンチを拡大していた。

 打線には故障による離脱で平田もいなければ福田もいない。外国人枠の問題でアルモンテも不在だ。だが、この日の安打数(9)でいえば、楽天(7)よりも上回っている。それでも得点は2。2回も拙攻だったが、高橋が適時二塁打を放った直後の4回無死二塁からも、三塁に進められず追加点を奪えなかった。チーム打率は高くても得点できない。今年を象徴するような試合で、昨年の87試合目より早い58試合目で借金2桁となった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ