トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【ファーム竜情報】登板延期の松坂 復帰2戦目は14日からの甲子園での阪神戦

2019年6月9日 23時45分

ウエスタン・リーグのオリックス戦が中止になり、屋内のブルペンで投げ込む松坂

写真

 復帰2戦目は聖地へ持ち越しだ。右肩炎症の影響で2軍調整中の中日・松坂大輔投手(38)が先発を予定していたウエスタン・リーグ、オリックス戦(ナゴヤ)は9日、雨天中止。次回は14日からの同リーグ、阪神3連戦(甲子園)が濃厚となった。

 「投げたかったけど仕方がないですね」と残念がると、次回について「1週間も空かないですね。(甲子園の)どこかで投げます。予定通りいければ」と説明した。2月の右肩負傷から復帰した5月28日のソフトバンク戦(タマスタ筑後)では2イニングを完全投球。以降は中11日で調整を進めてきたが、残念な延期になった。週明けに2軍戦がなく、11日以降に日程などが決まる見通しだ。

 この日は雨が降りしきる中、17分間のキャッチボールで肩を温めると、ナゴヤ球場に隣接する屋内練習場に場所を移してブルペン入り。「少し多めに投げておこうと思って」と変化球を交え77球を投げ込んだ。次回は先発で3〜4イニング、球数では60〜70球程度になりそう。「今の僕はとにかくイニングだったり、球数だったり、試合の中で増やしていきたいというのが一番です。そこさえクリアできればという感じです」と意気込んだ。

 甲子園での登板は昨季6勝目を挙げた9月13日の阪神戦以来。昨季の最終登板だった聖地から、再び復活ロードを歩き出す。(鹿嶋直樹)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ