トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ロメロ、一歩成長 脱・直球一辺倒 変化球使えた 7イニング2失点

2019年6月9日 紙面から

中日−楽天 6回表2死、ウィーラーを空振りの三振に仕留め、ほえる先発のロメロ=ナゴヤドームで(谷沢昇司撮影)

写真

 きれいに決められた7回の決勝スクイズをはじめ、改善点はまだまだある。それでも気持ちが高まると直球一辺倒になって狙い打たれる過ちを繰り返してきた前回までとは違う。3連敗を喫してもロメロは確かな収穫を口にした。

 「阿波野さんにも変化球の重要性を言われていたし、自分なりにも変化球を効果的に使う日本の野球を少しずつ理解しながら投げられた。少し制球にばらつきがあったけど、試合をつくることはできた」

 2回1死満塁で遊ゴロの間に先制を許したときはまだ余裕があった。制御不能に陥りかけたのは3回。1死二塁で迎えた浅村にすべて直球を投じる。首を振って投げた8球目。152キロで運良く左飛に打ち取ったところで、阿波野投手コーチがベンチを飛び出した。

 内野陣も集まったマウンドで最初に発言を促されたのは武山。通訳を介し「ムキになるのはいいけど、お前の投げたい球だと結果は0点か100点でしかない。70点とかでもいいんじゃないの。もうちょっと任せてくれよ」と訴えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ