トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

周平4番初打点、左投手打った 狙い通り「コンパクトに」中前打

2019年6月8日 紙面から

中日−楽天 4回裏2死一、二塁、高橋が中前適時打を放つ。投手西宮、捕手堀内=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)

写真

 矢のような打球が二遊間を抜けていった。追加点が欲しい4回、2死一、二塁の好機。高橋が4番の仕事を果たし、流れを完全に引き寄せた。追い込まれてから内角の厳しい真っすぐを、鮮やかに中前へはじき返した。

 「コンパクトに打とうと思っていた。うまく打てたと思います」。交流戦初戦、4日のソフトバンク戦から4番に座り4試合目。安打は出ていたが、狙い通りの打撃で4番初打点をマークだ。

 6月に入ってからも勢いに陰りはない。それも日頃の準備のたまものだ。5日のソフトバンク戦。試合前練習のフリー打撃だった。高橋は永田打撃投手に通常の真っすぐだけでなく、カーブを何度も投げてもらった。5日の先発だったのは左腕・和田。永田打撃投手は「カーブがあるので、カーブの意識づけや軌道を確認したんじゃないかな。自分なりに考えて高い意識を持ってやっている」と言う。結果を出すための入念な準備を怠ることなく、試合に臨む。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ