トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

R・マルティネス、長期離脱へ 来月16日から8月10日まで

2019年6月5日 紙面から

キューバ代表に選出され、7月にチームを離れることが発表されたR・マルティネス。右は、ロドリゲス=ヤフオクドームで(黒田淳一撮影)

写真

 浮上を狙う与田竜にまたしても試練が訪れる。中日は4日、ライデル・マルティネス投手(22)が来月にペルーのリマで開幕する国際大会、パン・アメリカン大会にキューバ代表として参加することが決まったと発表した。東京五輪へとつながる大会で、予定では来月16日から8月10日まで派遣するという。現在の守護神を務める男が約1カ月間、不在となる。

 球団によれば、この日にキューバのスポーツ省からR・マルティネスが代表に選出されたとの連絡が入った。球団はR・マルティネスと同大会の参加を許可する契約を結んでいた。オマール・リナレス巡回コーチも同行することになる。

 大会にはプエルトリコ、ドミニカ共和国なども含め8カ国が参加し、上位2チームが来年3月に行われるアメリカ大陸の五輪予選に出場できる。キューバにとっては大事な大会。R・マルティネスは2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でキューバ代表となり、昨夏もキューバ代表の試合に参加。今回の招集も想定されたことであったとはいえ、チームにとってはやはり痛い。

 4月12日から1軍登録されたR・マルティネスはここまで18試合で0勝1敗11ホールド、防御率1・53。いまだセーブはないが、5月31日の巨人戦(東京ドーム)から不振の鈴木博に代わって抑えを任されている。この日の試合後、「国のため、自分のために全力でいかないといけない」と話す一方、「1カ月はものすごく長い。チームから離れるのは心配」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ