トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

柳、5勝!!竜の勝ち頭 吠えた6イニング3失点

2019年6月1日 紙面から

巨人−中日 4回裏2死一、二塁、炭谷を空振り三振に仕留め、グラブたたく柳(今泉慶太撮影)=東京ドームで

写真

 チームトップをひた走る5勝目にも笑顔はなかった。「6点もらったので、もう1、2イニングは投げきりたかったです」。6イニングを3失点。求められる役割を理解し、理想を高く掲げるからこそ、帰りのバスに向かう柳は納得していなかった。

 先制した直後の1回2死一、二塁から大城の右前適時打で追いつかれた。5点リードの5回は1死から亀井、坂本勇の連続二塁打で失点。6回には先頭の大城に右越えソロを浴びた。ただ、いずれも後続を抑え、最少失点で切り抜けた。

 「ビッグイニングをつくらずに何とか粘れたことが勝ちにつながった」。連続四球で招いた4回2死一、二塁では炭谷をフルカウントからスライダーで空振り三振。マウンドでほえて手をたたき、渾身(こんしん)のガッツポーズも繰り出した。

 巨人戦は通算6戦目にして初勝利。昭和、平成の時代、明大の先輩である故星野仙一さんは宿敵相手に人一倍、闘志を燃やしたが、令和を生きる柳に特別な意識はない。「相手がどこのチームでも勝ちたいので」とさらりと言う。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ