トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大野雄、粘り負け 痛恨5回 菊池涼に9球粘られ

2019年5月22日 紙面から

広島−中日 5回裏2死満塁、菊池涼(右)に先制の左前2点打を打たれる大野雄=三次きんさいスタジアムで(伊藤遼撮影)

写真

 ある程度の失点はしても試合をつくる。7イニング2失点。今季のテーマは遂行した。それでも、試合に負けては納得できるはずもない。試合後、最初にロッカールームから出てきた大野雄は淡々と言葉をつないだ。

 「負けたら、試合をつくったとは言えない。ゼロに抑えていたら負けることはないわけですから。我慢比べだと思っていたのですが、先制点を与えて試合を重くしてしまった」

 痛恨の5回だった。下位打線に3連打を許して無死満塁。野村と野間を打ち取って2死にこぎ着け、菊池涼を迎えた。試合前の時点で得点圏打率は4割5分2厘。3回2死一、三塁だった前の打席は空振り三振を奪い、この日2度目の得点圏に走者を置いた打席だった。

 直球で内角を突き、ツーシームを外角に散らす。それでも相手はついてきた。フルカウントから3球粘られ、9球目。「いろんな球を使って策は尽くしたけど、向こうが上手だった」。真ん中の直球をはじき返され、打球は三遊間を抜けた。

 白星こそつかめなかったが、6イニング7失点と崩れた15日のDeNA戦(横浜)とは違った。低くて傾斜の小さいマウンド。「初めての感覚だったけど、下半身をしっかり使って投げられた」。試合前から想定し、いつも以上に脚の動きを意識。今季初の無四球が成果だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ