トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

遠藤、チャンス無駄にしない 負傷の平田代役1番で執念マルチ

2019年5月19日 紙面から

中日−巨人 9回裏2死二塁、遠藤が遊内野安打を放つ=ナゴヤドームで(七森祐也撮影)

写真

 4点を追う9回2死。沢村の力強い球の前に、バットはへし折られた。打球は力なく遊撃へと転がる。ゲームセットと思われたが、遠藤は必死に走った。「全員が最後まで諦めずにやっている」。間一髪、送球より早く駆け抜けた。このプレーで勝敗が変わることはなかったが、最後まで闘志を前面に出した。

 平田が左ふくらはぎ肉離れで抹消。5月7日の広島戦(ナゴヤドーム)以来のスタメンが巡ってきた。けが人が出るとチーム力が落ちるのは分かっている。一方で「僕にとってはチャンスでもあるので」と心を奮い立たせた。しかも、2015年8月12日以来の1番でのスタメンだった。

 6回にはメルセデスから絵に描いたようなピッチャー返しの中前打を放った。途中出場した17日も中川から中前打をマーク。対左投手を苦にせず「(自分の打撃を)どんな投手でもできるようにしようとしている」と言い、「練習を含めて、100%はないけど、少しでも近づけるようにしたい」と手応えを感じている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ