トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

福田、意地の6号チーム最多タイ エスコバーの剛速球はじき返す

2019年5月16日 紙面から

DeNA−中日 7回表無死、右越えに6号ソロを放つ福田(北田美和子撮影)=横浜スタジアムで

写真

 点差が6点に広がった直後の7回だった。まだ攻撃は3イニングある。最後まで絶対諦めない。先頭で迎えた第3打席。福田が気持ちで、エスコバーの剛速球をはじき返した。

 打球は右翼席最前列に吸い込まれた。11日の阪神戦(甲子園)以来2試合ぶりの一発。「手応えはなかった。右方向はたまたまです。真っすぐは狙っていたけど」。ビシエドに並びチーム最多となる6号。和製大砲が意地を見せた。

 昨年の同日、4号アーチを放っていた。今年はそれを上回るペース。しかも三塁のレギュラーだった当時と今年では状況が全く違う。今年は38試合目にして、18試合目のスタメン。打席数が昨年より50打席ほど少ない中で、アーチを描き続けている。

 「去年と比べたら全然違う。去年が悪すぎたので」。昨年も4月下旬からスランプに陥った。当時は「(フォームが)崩れてしまった」と言うほどで、自らペンを持ち付けている野球ノートを見返したりしたものだった。今年は「数字(打率)は良くない」とこぼすが、限られた出場機会の中、大崩れはしていない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ