トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

笠原、練習再開「気持ちよかった」

2019年5月15日 紙面から

英智コーチ(右)と笑顔で話す笠原

写真

 不整脈の症状が出てカテーテルを使った治療を受け、名古屋市内の病院に入院していた中日の笠原祥太郎投手(24)が14日、ナゴヤ球場で練習を再開した。ランニングやキャッチボールなど軽めのメニューで汗を流した。

 約2週間ぶりにスローイングを再開。20メートルの距離で投げ「気持ちが良かった。抜け気味だったけど、嫌な感じもなかった」とホッとした表情で話した。10日に精密検査を受け「発作性上室性頻拍」と診断され、併せて治療を行い、13日に退院していた。

 今後については「一からのピッチングなので、どれくらいで戻れるか分からないけど、焦らず早く復帰できるようにやっていきたい」と語った。特に運動の制限がないようで、徐々に練習のペースを上げ、復帰を目指していくことになる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ