トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

救援陣も完璧 4人が無失点リレー

2019年5月13日 紙面から

ウイニングボールを清水(右)に手渡す鈴木博(左)(伊藤遼撮影)

写真

 見逃し三振で試合終了。ベンチ前で出迎えた清水にウイニングボールを渡したのは受けた加藤ではなく、投げた鈴木博だった。「自分が清水に渡したかったので、加藤さんに頼んでもらいました」。同期入団の守護神がうれしそうに明かした。

 3点リードの9回。安打と四球で2死一、二塁のピンチを招いた。一発出れば同点。マウンドに来た阿波野投手コーチから背中をポンポンとたたかれた。「点だけはやらない。絶対に勝って帰る」。気持ちを切り替えて大山に向かった。

 2球で追い込み、心理的に優位に立った。「3球勝負にいったわけではなく、ボールでもいいと思って厳しいところに投げた」。外角高めのフォークに4番のバットは動かず、3球三振。リーグトップの11セーブ目を挙げ、胸をなで下ろした。

 清水に初勝利を。ブルペンの共有する思いだった。6回は岡田。先頭の梅野に左翼線二塁打を許しても落ち着いていた。2死一、三塁で最後は近本を二ゴロ。今季初めてリードしている場面で役割を全うし、思わずガッツポーズを繰り出した。

 7回はロドリゲス、8回はR・マルティネスが無失点に抑え、鈴木博につなげた。今季初ホールドの岡田は「きょうは清水の頑張りに尽きる」と後輩を立てた。確かに主役は清水。ただ、2年目右腕を最後まで主役たらしめたのは4人の無失点リレーだった。 (高橋雅人)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ