トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

猛打賞男、周平が全打席出塁 ここ4戦3度、打率3割に乗った

2019年5月11日 紙面から

阪神−中日 2回表1死一塁、先制2ランを放ち、雄たけびを上げる高橋=甲子園球場で(黒田淳一撮影)

写真

 確変期に入った打棒はそう簡単に止まりそうにない。また高橋が打った。7安打3得点に封じ込められた打線の中で、ひとり気を吐く3安打2打点。「タイミングがしっかり取れている」とうなずく好調ぶりだ。

 まずは2回1死一塁。直前に阿部の投ゴロを巡って阪神側からリクエスト。数分間の中断を挟んだ直後の打席だった。「何も考えずに甘い球だけ狙っていた」。初球、真ん中140キロ直球をかち上げる。高々と上がった打球は長い滞空時間をへて右翼ポールに直撃。「ボールが風で押されたので確信はなかったけど入ってよかった」。4月5日のヤクルト戦(神宮)以来となる先制2号2ランをたたき込んだ。

 4回にはカウント2−2から外角チェンジアップにうまくバットを合わせ中前へ。7回無死では1ボールから低めのスライダーを右中間へ運び、反撃ののろしを上げる二塁打を放ち、今季5度目となる猛打賞をマークした。三塁打が出ればサイクルヒットだった9回1死の第4打席はドリスの荒れ球を冷静に見極めて四球。この試合は全打席出塁した。

 6日の広島戦(ナゴヤドーム)以降の計4試合で16打数11安打、6打点。この期間の打率はなんと6割8分8厘で、一気に今季の打率も3割に乗せた。「開幕とはまた違う感覚になってきた気がします。少しでも長く続けていきたい」。村上打撃コーチは「打席で何も余計なことを考えていない。高い集中力を維持できている」と絶賛。9日の休養日を挟んでも止まらない勢いは新たなステージへの突入を感じさせる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ