トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

平田、4安打で打率セ2位浮上 巧走塁で2点目「大島さんに貸し」

2019年5月8日 紙面から

中日−広島 3回裏無死、中越え三塁打を放ち、滑り込む平田=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)

写真

 打ちまくって、走りまくった。リードオフマンの平田が初回、先頭での左前打を皮切りに4安打をマーク。昨年8月17日の巨人戦(東京ドーム)以来通算12度目の4安打以上となったが、バットだけではない。走塁でもその抜群のセンスを発揮した。

 3回先頭でセンター後方のフェンス最上部を直撃する一打。二塁を回りかけるところでクッションをさばいた長野の返球が高いと見るや、一気に三塁へ向かう。さらには無死一、三塁で大島が投ゴロを放った際、一瞬の隙も見逃さない。目でけん制してきた野村が二塁へ送球した瞬間にスタート。2点目を足でもぎ取った。

 「大島さんに貸し1つで収めたい」。お立ち台では、大島に打点をアシストしたとばかりに笑いを浮かべた。ただ、それだけ胸を張れるプレーでもあった。平田は「あの位置、あのタイミングで走れば、あそこからショートがバックホームしても間に合わないと思って走った」と話し、こう続けた。「あれが走塁センスだと思う」。まさに打って良し走って良し。その直前に三塁打とした走塁も「そこを評価してもらえたらうれしい」と笑顔を見せた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ