トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【龍の背に乗って】「前進守備」…勝負に無難な手は選ばない

2019年5月6日 紙面から

 薄氷を踏む1点差。投手陣は12四死球を与え、攻撃では13残塁を積み上げた。だからこそ絶対に逃げ切り、阿知羅に勝たせなければいけない試合だった。

 勝ったからできる反省と、勝ってこそ評価される決断がある。6回。2番手の谷元が珍しく乱れた。2点差に迫られてなお1死二、三塁。阿知羅のプロ初白星のろうそくが風に揺れていた。ここで中日内野陣は変則シフトを敷いた。遊撃の京田だけを定位置に置き、残り3人がバックホーム態勢に守った。

 「全員下げるのも考えたんだけど、簡単に1点はやりたくない。西浦の打撃の状態と、うちの投手の心理を考えました。それなら京田だけ下げましょうかと。監督も同じ考えでした」

 担当の奈良原内野守備走塁コーチと与田監督の意見が一致した。攻めながら守る。京田だけを下げたのは、保険をかけたわけではない。「二塁ランナーに簡単にスタートを切らせたくなかったんです」(奈良原コーチ)。全員が前に寄ると、同点の二塁走者のリードオフが取り放題になる。京田は二走の雄平をけん制するために置いたのだ。

 正直、それでも僕は危ないと思っていた。というのも前進守備は裏目が続いていたからだ。3日は前に寄せた外野の頭上を越す、決定的な2点二塁打を浴びた。4日は内野を前に寄せてもアウトを取りきれず、1イニング7失点の遠因となった。2度あることは3度ある…。僕のようにここで引く人間は、勝負に勝てない。勝負師は3度目の正直をグッとつかむ。西浦は緩い三ゴロ。高橋がうまくさばき、三塁走者を本塁で殺した。ここで阻んだ1点が、最後にモノを言った。

 「(高橋も)下がっていたらアウトにできなかったと思う。全体的に前へという意識はできたのかな」とうなずいた与田監督は、いつだって無難を選ばない。その理由を問うと、こう返された。「だって無難って難しいことが無いって書くでしょ? 有り難いはある。だからだよ」。ありがたや、ありがたや…。

(渋谷真)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ