トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

福田、悔しいチーム令和1号 平成最後弾に続き意地の一振り

2019年5月5日 紙面から

6回裏無死、福田が中越えソロを放つ(小沢徹撮影)

写真

 いつの時代も野球の華はホームラン−。新しい元号になっても変わらぬ球界の定説を思い出させてくれたのは和製大砲・福田の一振りだった。

 6点を追う6回無死。1ボールからの2球目だった。先発・高梨が投じた真ん中145キロ直球を思い切り振り抜く。「完璧だった」と代名詞のバット投げが飛び出す会心の当たり。バックスクリーンへ突き刺した。4月30日の巨人戦(東京ドーム)以来の4号ソロ。竜の平成最後の一発を放った男が今度は竜の令和第1号をお見舞いした。

 さらに8回1死二塁では2番手・マクガフの変化球をとらえ左前へ。4月10日の巨人戦(ナゴヤドーム)以来となるマルチ安打をマークした。

 だがその表情は晴れない。「好機で打てるようにならないと…」。脳裏に浮かぶのは同点の3回2死一、三塁。カウント2−2からワンバウンドの球に手が出て空振り三振。直前にも見逃せばボールなる球を空振りしていた。「相手を助けてしまう三振になってしまった。あの場面で何とかできていれば柳を助けられたのに」と悔しがった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ