トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【ファーム竜情報】 根尾、8日ぶりにキャッチボール再開

2019年4月24日 19時7分

写真

 左手人さし指を負傷して離脱中の中日のドラフト1位・根尾昂内野手(19)が24日、ナゴヤ球場に隣接する屋内練習場で8日ぶりにキャッチボールを再開した。なおウエスタン・リーグの中日|オリックス戦(ナゴヤ)は、ドラフト4位の石橋康太捕手(18)の勝ち越し2号2ランなどで、中日が5―1と快勝した。

オリックス戦の試合直前。閑散とした屋内練習場に、根尾の送球を捕るリハビリ担当者の捕球音が響いた。5メートルほどの距離でスタートすると、徐々に距離を伸ばして50メートルに。グラブから包帯を巻いた人さし指を出し、距離が伸びるとワンバウンドのボールを投げてもらうなど患部の負担を減らすため細心の注意を払った。「ずっとネットスローしていましたからね。(捕球で負担がないよう)いつもより緩めにしてもらっていますし」。16日の阪神戦(ナゴヤ)の7回守備で二盗を試みた走者と接触。名古屋市内の病院で8針縫った。しかし、翌日には患部を消毒し練習開始。右腕だけで始めて、左手を徐々に添えていたティー打撃でも、この日は両手に力を込めた。ケガの経過を改めて報道陣に聞かれると「治ってます」と断言。練習の手を休め、中学時代の同僚・垣越の初登板も観戦した。「らしいですね。(子どもの時から)あんな感じ。ナイスピッチだなって感じです」。順調な回復に根尾の表情は明るかった。(後藤慎一)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ