トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

「自分の仕事」ビシエド猛打賞 打率上昇!3割3分3厘

2019年4月22日 紙面から

中日−ヤクルト 1回裏1死二、三塁、ビシエドが先制の左前2点適時打を放つ(伊藤遼撮影)=ナゴヤドームで

写真

 主砲ビシエドの大暴れで、首位のツバメを撃墜した。2日連続の猛打賞に加え、3打点を挙げる大活躍。4番として前日の敗戦の借りをきっちり返し、「これが自分の仕事だと思っているよ」と胸を張った。

 まずは先制点でチームに流れを呼び込んだ。1回、2番京田、3番大島の安打と盗塁で早速1死二、三塁のチャンス。フルカウントからヤクルト先発・高梨のフォークを2球粘り、3球目もフォークで勝負をかけてきた。バットの芯を外し、少し詰まったが、力で持っていくと、遊撃手・西浦のグラブをかすめて左前へ。「走者を置いて2点入れられて勝利に貢献できた。本当にうれしい」と笑みがこぼれた。

 2回には2死二塁で、高梨の内角の直球を左前にはじき返して5点目。先頭打者として迎えた5回には3番手・五十嵐の直球を真芯で捉えて右中間へ二塁打。続くアルモンテの左前打で6点目のホームを踏んだ。相手は何点あっても安心できない強力打線。与田監督も、「最後まであのリードが大きかったと思う」と主導権を握り続けることができた主砲の活躍に感謝した。

 多少の調子の波はありながらも、「1打席1打席落ち着いて、アウトになっても次は落ち着いて入るようにしている」とメンタルをコントロールしながら調子を維持してきたビシエド。そのかいもあって打率も3割3分3厘にまで引き上げた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ