トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

150キロ超え連発!!剛球ショー

2019年4月20日 紙面から

 150キロ超え連発の剛速球ショーが3連勝を鮮やかに彩った。主役は7、8回のマウンドを託された助っ人コンビ。パワフルな投球でヤクルト打線をねじ伏せた。

 まずは1点差の7回に登板したロドリゲス。中村と荒木に安打を許し、2死一、三塁のピンチを招いたが、青木に対してこの日最速の156キロを内角に投げ込み、三ゴロに。「しっかり抑えられてよかった」と胸をなで下ろした。

 さらに圧巻だったのは2点リードの8回を託されたR・マルティネスだ。先頭の山田哲はど真ん中の155キロで遊ゴロ、バレンティンと雄平はともに高めの直球を振らせて連続の空振り三振。こちらは最速157キロをマークした。自慢の剛球にどよめく観衆の声がやみつきになってきたようで「気持ちいいなと思うようになってきた」と笑みを浮かべた。

 重要なイニングを任される2人は「走者を出しても0点で抑えてベンチに戻ってくることだけ考えている」と口をそろえる。助っ人コンビが屋台骨を支える方程式は、盤石になりつつある。 (長森謙介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ