トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【龍の背に乗って】井端弘和さんが提唱する「5回の円陣じゃ遅い説」

2019年4月18日 紙面から

 先発の山井にてこずったDeNAは、5回の攻撃前に円陣を組んだ。集めた坪井打撃コーチは、選手に向けてこうアドバイスしたそうだ。

 「まだ5イニングある。真っすぐに負けないようにいこう!」。4回まで2安打、6三振。投球の8割は力強いストレートと低めに制御されたフォークだった。的を射た言葉。そしてプロ野球において雲行きの怪しい5回に円陣を組むことは常識だ。ほんの少し前までの僕も、固く信じていた。

 「円陣は5回に組め説」に疑問を投げかけ「それじゃ遅い説」を提唱したのが本紙評論家の井端弘和さんだ。那覇市のとある洋食店で、彼はこう言った。

 「5回って、ちょうど打順二回りするところじゃないですか。三回り目になると相手も配球を変えてくるんです。だから、組むなら早くしなきゃ。3回。いや2回でもいい。それを見た相手に『何だ?』って思わせられるじゃないですか」

 素人なりに反論しようと考えたが、僕の口は動かず、目からウロコがハラハラと落ちるだけだった。2イニング見ただけで円陣が組めるか? そういう考えもあるだろうが、そこを見定めるのがプロのベンチとも言える。

 6番から始まった5回を1安打、3三振で切り抜けた山井は、三回り目に入った6回にガラリと配球を変えた。それまでの80球で4球しか投げなかったカーブを、6回は16球で5球も投げた。坪井コーチが「負けないように」と言ったストレートは、わずか3球。序盤は「急」で攻め、最後は温存していた「緩」でしのぐ。その6回は失点した。でも遅いのだ。つかまえられたと思ったら、中日は継投に入るのだから…。

 「山井はメッセンジャー、菅野のように苦手な投手になってしまった。3年間、勝っていないからね」。ラミレス監督は残念そうに振り返った。誰もが当然と受け止める「5回の円陣」。組めば打てるかどうかは別にして、本当にそうかと考えてみる。時として定説は覆るのだ。

(渋谷真)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ