トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

【龍の背に乗って】攻略レシピ通り初球たたいてメッセ撃ち

2019年4月13日 紙面から

 楽勝ムードが吹き飛びかけた4点目を、僕は信じられない思いで見ていた。7回、2死一、三塁。谷元の139キロが糸原に打ち返された。ウソだろう…。そう思ったのは打たれたからではなく、糸原が初球を打ったことに対してだった。

 637打席(531打数)立った昨季の糸原だが、初球打率8分3厘はセ・リーグの規定打席到達31人中最低だった。誰もが得意とするはずのカウントで、トライの少なさ(12打数1安打)も衝撃だ。配球をじっくりと見て対応するのは得意だが、いきなり球種を絞って打つのは苦手。それを自覚しているから、むやみに振っていかない。その糸原が初球を仕留めた。ときにデータは覆される。そこが野球のおもしろみでもある。

 「初球」にこだわって見た試合でもあった。暴投と敵失がからんでいただいた1回の先取点だが、始まりは遠藤の二塁打だった。

 「今日は自分が(巨人の)亀井さんだと言い聞かせてプレーしました」。中大の先輩のようにアグレッシブに…。2年ぶりに転がってきた先発チャンスを2安打、1打点でつかんだ。

 メッセンジャーは初球をたたけ。これもデータが教えてくれる攻略レシピだった。昨季のセ・リーグには規定投球回をクリアした投手が8人いたが、最も初球を打たれたのがメッセンジャーだ。なんと被打率4割3分3厘。トータルが2割4分7厘で、2ストライク後は1割6分2厘(同5位)だから、打者が振るべき球はハッキリしている。4回の追加点もアルモンテの初球打ち(中前打)が起点となった。

 「いい投手なので追い込まれてはダメ。そういう意味でも初球からいきました」とも遠藤は話した。データ通りだったメッセンジャーと、覆した糸原。ちなみに昨季のセ・リーグの「初球王」は、打者ならビシエド(打率5割6分3厘)、投手はジョンソン(被打率2割2分9厘)。どちらも納得できる名前だと思う。

(渋谷真)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ