トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

祖父江、窮地に誠也斬り雄たけび 好救援で今季初勝利ゲット

2019年4月3日 紙面から

中日−広島 8回表2死三塁、鈴木を空振りの三振に仕留め雄たけびをあげる祖父江=ナゴヤドームで(今泉慶太撮影)

写真

 しびれる場面で最高の仕事をやってのけた。祖父江だ。気迫を前面に押し出した投球で勝利をぐっと引き寄せた。

 ロドリゲスからバトンを受け取ったのは同点の8回2死三塁。打席には赤ヘルの主砲・鈴木。間違いなく最大の窮地だった。だがひるまない。

 「(鈴木まで)回ったらいくと言われていました。絶対に0点で抑えて戻ることだけ考えました」

 1ボール2ストライクからの4球目。外角低めに沈むスライダーで空振り三振に仕留めるとグラブをたたき、雄たけびをあげた。

 気迫のこもった投球が試合の流れを変え、直後に味方が逆転。好救援でたぐり寄せた今季初、通算5つめの勝ち星。だがそれよりも「本拠地の開幕戦で勝ててよかった」とチームの白星を喜んだ。

 試合後のお立ち台でも熱い気持ちがあふれ出した。「昨年は中継ぎが迷惑をかけてしまいました。今年はしっかり引っ張っていけるように頑張ります」。昨季は12球団ワーストの防御率だった竜の救援陣。その1人として感じた責任感から出た言葉だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ