トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

松坂「令和の怪物」に思いはせ 「昭和は江川さん、平成はボク」

2019年4月2日 紙面から

新元号「令和」について話す“平成の怪物”松坂=ナゴヤ球場で(板津亮兵撮影)

写真

 平成では怪物、令和では伝説に−。中日・松坂大輔投手(38)が新元号に決まった1日、令和初の200勝投手に意欲を見せた。現役最多の日米通算170勝を挙げている右腕は、平成が終わる4月までの復帰は「難しい」としながらも、6月中の実戦登板を視野にリハビリを継続。また自らの奮闘とともに「令和の怪物」の出現にも思いをはせた。

 令和の時代が近づいても、平成の怪物の挑戦はまだまだ続く。新元号が「令和」に決まったこの日、松坂は新たな偉業を見据えた。令和初の200勝投手だ。

 「そんなに近い気もしていない。なかなか積み上げていくのは難しいことだが、時間をかけて一つ一つ、(200という)数字に近づいていきたいと思います」

 日米5球団で積み上げてきた白星は、現役では巨人・岩隈と並んで最多となる170勝。甲子園で伝説を作った右腕は鳴り物入りでプロの扉をたたき、数々の栄光と挫折も味わってきた。

 「勝ちは安打と違って一気に2つ3つ増えるものではないし、途中で消えてしまうこともある。本当に難しいもの」

 9月には39歳となる男にとって、200勝がイバラの道であることは百も承知。それでも松坂大輔なら−という期待を抱かせるのも事実だ。昨季、テスト入団からはい上がり6勝(4敗)をマーク。右肩痛など、度重なる故障に悩まされながらも不死鳥のごとくよみがえった。今季は背番号を代名詞でもある18に変更。しかし、春季キャンプ中にファンに腕を引かれて右肩炎症を発症し、今はリハビリ中だ。

 「リハビリのペースは早くない。(4月中の復帰は)難しいとは思いますが、できるだけ早く戻りたい。肩は状態が急に上がるときがあるので、早くその状態がきたらいいなと思います」

 現在は約45メートルほどのキャッチボールをこなせるまでに回復。赤堀投手コーチは「急かしたりすることなく、しっかり投げられるようにすることが一番」と強調した。それでも順調にリハビリが進めば、6月中の実戦復帰が視野に。前半戦中の1軍復帰という希望の光も差し込む。この日はナゴヤ球場の外野ポール間をランニングするなど軽めの調整。元号発表の瞬間は選手寮「昇竜館」のテレビで見届けた。

 「『令和』ってきれいな響きの言葉だなと。それから『和』という字はやはりいいですね。昭和の怪物というと江川(卓)さん、ボクも平成の怪物と言われましたけど、野球界に限らず、いろんな競技やジャンルでも出てくるんじゃないですかね」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ