トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

強肩捕手・加藤が広島止める

2019年4月2日 紙面から

吉見の投球を受ける加藤=ナゴヤドームで(谷沢昇司撮影)

写真

 先発投手陣が調整した1日のナゴヤドームに、野手でただ一人参加したのが、加藤匠馬捕手(26)だった。吉見が先発する3日のスタメンマスクが濃厚で、この日はその投球練習を捕球。先発投手以外は休日だったが、中村バッテリーコーチの指示で入念な準備を整えた。

 「カープは足を絡めてくる。1軍のカープ戦に出たことはないが、そういうイメージがある。もし試合に出るなら、僕のセールスポイントが生かせる。そうなるように準備をしたい」。機動力を重視する広島対策として加藤の存在は不可欠。自慢の“加藤バズーカ”でオープン戦での盗塁阻止率は6割をマークした。先発出場したDeNAとの開幕戦(3月29日、横浜スタジアム)では相手の盗塁機会がなく、強肩を披露することはなかったが、広島の機動力を封じる可能性は十分だ。

 当面の捕手の起用法に関しては、併用となる見込みだ。DeNAとの2戦目と3戦目も、リードを買われて大野奨がスタメンマスク。伊東ヘッドコーチも「捕手は(木下拓も含めて)3人いるが、一回りぐらいは様子を見ながらやっていきたい」と話す。正捕手争いは激化する中、売り出し中の加藤にとってアピールあるのみ。

 「捕手は勝たないと評価されない。常に試合に行ける準備をしている」と表情を引き締めた。 (井上洋一)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ