トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

堂上は「メチャクチャ緊張」 13年目で初の開幕スタメン

2019年3月29日 紙面から

真剣な表情で打撃練習する堂上=横浜スタジアムで(小沢徹撮影)

写真

 13年目で初の大舞台だ! 中日の堂上直倫内野手(30)が、DeNAとの開幕戦に「5番・遊撃」で先発することが濃厚になった。鳴り物入りで2007年に入団した地元の星が、初めて開幕スタメンでグラウンドに立つ。

 横浜スタジアムでの前日練習。遊撃のポジションでノックを受けるのは、誰よりも先の1番手だった。激しいチーム内の競争を制し、開幕スタメンの座をつかんだ証しだ。開幕を前に「いよいよだなと思いますね。でも、緊張というよりリラックスできています」と冷静に語る口調には充実感が漂う。

 自らの手でつかんだ開幕スタメンだ。オープン戦は14試合に出場し、打率3割1分3厘。特に終盤の4試合では12打数5安打と4割以上の高打率を残した。21日のオリックス戦(ナゴヤドーム)では左腕の松葉から本塁打。「昨年の10、11月からやってきたことを出せている」と今オフから取り組む打撃フォームに自信を深めてきた。

 開幕スタメンは未体験。「めちゃくちゃ緊張すると思うんですけど…」と不安な心境も漏れる。それでも、最後は「自分のやれることをやるだけです」と言葉に力を込めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ