トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

小笠原慎之介は来月実戦復帰

2019年3月19日 紙面から

キャッチボールをする小笠原=7日、中日ドラゴンズ屋内練習場で

写真

 昨季の開幕投手、中日・小笠原慎之介投手(21)は4月中の実戦復帰を目指す。

 昨年9月に左肘遊離軟骨除去手術を受け2軍調整中。今年は自分の名前が挙がらないまま開幕投手が決まり、「もちろん思うところがないわけじゃない」と悔しい気持ちを胸の内にしまい込んだ。「でも今は焦らずにリハビリを進めて、呼ばれたときにしっかり投げられるような準備をしていきます」と進むべき道を見据えた。

 当初は開幕前の復帰を目指していた。2月中旬、キャンプでの投球練習中に左肩痛を発症し、ペースダウンを余儀なくされた。「あまり思い通りには進めていませんでした。でも自分の体としっかり向き合えたことはプラスにとらえたいと思います」。将来のために、コツコツとリハビリを進めてきた。

 すでにキャッチボールを再開。「70、80パーセントくらいですかね。腕を振るときの怖さは少しずつなくなってきました」と、力強い腕の振りも徐々に戻りつつある。

 昨季は2リーグ分立後球団史上最年少の20歳5カ月で開幕投手を務めた左腕。長いシーズン、背番号11の力が必要なときが必ず訪れる。 (長森謙介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ