トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

竜開幕ローテでナゴヤ6連戦 大野雄が広島戦予行演習

2019年3月19日 紙面から

ナゴヤドームのマウンドで投球練習する大野雄(谷沢昇司撮影)

写真

 中日は19日からオープン戦最後の6連戦(対オリックス、楽天・ナゴヤドーム)で開幕ローテ入りが確実になった6人が先発する。19日は大野雄大投手(30)が本拠地開幕戦となる4月2日の広島戦(同)に向けて予行演習。18日はマウンドで投球練習し、硬さを確認した。23日に先発予定の山井大介投手(40)は無失点を誓った。

 大きな器で存分に腕を振る。19日のオリックス戦登板を前に、大野雄が腕を撫した。「ナゴヤドームは広い球場ですしね。バッテリーにとって有利なカウントで投げていきたい」。ストライクゾーンへ、どんどん投げ込む。それができる本拠地のマウンドに、今年初めて上がる。

 キャンプから順調にステップを踏んでいる大野雄にとって、唯一の気掛かりと言っていいのが、手痛い一発だ。2月26日の巨人との練習試合(那覇)ではゲレーロに、今月7日のDeNAとのオープン戦(ナゴヤ球場)では宮崎に一発を浴びた。計9イニングで被本塁打2本。5失点中4点が本塁打による失点となった。

 力強い直球で強気に押すのが大野雄のスタイル。本塁打の出にくいナゴヤドームだからこそ、一発を恐れずに持ち味を発揮できる。「大事な開幕前の6連戦。不用意な1球、無駄球をなくしていきたい」。ちょうど2週間後の4月2日、舞台は同じナゴヤドームで、広島戦先発が予想される。19日はコイ料理の予行演習の舞台となる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ