トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

加藤よ木下拓よ大野奨よ、捕れ! フリー打撃時、ケージ内猛特訓

2019年3月6日 紙面から

中村バッテリーコーチ(右)とキャッチング練習する加藤=ナゴヤ球場で(今泉慶太撮影)

写真

 4日の練習中にグラウンド上で厳しい指導を受けた中日の捕手陣が、5日は猛特訓を課された。まずは野手がフリー打撃を行っている時に、加藤匠馬(26)、木下拓哉(27)、大野奨太(32)の3捕手が、交代でケージに入り、捕手を務めた。

 「キャンプ中に投手が打撃投手をする時にケージの中で受けたことはあるが、打撃投手の方が投げている時はなかなかない」と木下拓が話したように、珍しいといっていい練習。その狙いについて、「打者のスイングの軌道をしっかり見るようにということ。オープン戦などで要求するボールを見ていても、スイングの軌道をちゃんと見ていないと感じることがたくさんあった」と中村バッテリーコーチ。配球を考える上での一つのチェックポイントを授けたかったようで、木下拓は「どういう球に対してどこに打球が飛んでいくかも勉強になった」と話した。

 また、伊東ヘッドコーチは「打者が打たない時に油断したらパスボールをしたりする。一球一球集中してやらないといけない」と説明。加藤と木下拓は約30分、大野奨は約10分、ケージの中で受け続けた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ