トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

藤嶋、きょうにも血行障害手術へ  

2019年2月8日 紙面から

右手の血行障害できょうにも手術をすることになった藤嶋=1月29日ナゴヤ球場で(中嶋大撮影)

写真

 右手血行障害の疑いがあるため、沖縄入りを見合わせていた中日の藤嶋健人投手(20)が8日にも愛知県内の病院で手術を受けることになった。術後はおよそ2週間入院する予定で、順調ならその後に本格的なリハビリに入るため、今季開幕は絶望的となった。

 1月前半の沖縄自主トレを打ち上げ、名古屋に戻ってから右手に異変が起きた藤嶋。右手5本の指に血行障害のような症状があり、専門医の精密検査を受けるためキャンプには参加せず、名古屋に残ってトレーニングを続けていた。

順調ならシーズン前半復帰も

 1日に専門医の精密検査を受けたが、すぐには原因が判明しなかったという。西山球団代表は「どうなるか分かりません。そのために検査しているわけですから」と話すにとどめたが、関係者によると、8日にも手術を受ける方向だという。

 手術はカテーテルを使い、血栓があると思われる血管を広げるための風船(バルーン)を入れるものになるもよう。同じく血行障害に見舞われた岡田や鈴木翔とは異なる。メスを入れるわけではなく、順調に回復すれば、シーズン前半にもマウンドに立つことができる。

 2年目の昨季、19試合に登板し、3勝1敗の防御率3・66の成績を残した。今季はローテ入りが期待され、オフの精力的なトレーニングで肉体的にも投球でも進化を遂げていた。今は一刻も早い復帰が待たれる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ