トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

博志、改良150キロ高速カット 「ほんの少し動く。空振り取れる」

2019年1月7日 紙面から

竜応援番組「サンデードラゴンズ」に出演し、書き初めした目標を掲げる佐藤(左)と鈴木博=名古屋市中区のCBCで(板津亮兵撮影)

写真

 中日の鈴木博志投手(21)が6日、カットボールを改良していることを明かした。従来はスライダーのように変化が大きかったが、現在は曲がりを抑えた高速のボールを準備。すでに好感触を得ている。

 「最速150キロのカットボールを投げられるようにしています。ほんの少し動くだけのやつ。相手も何投げたか、分からないようなボールです」

 理想はヤンキースで652セーブを挙げたマリアノ・リベラのようなカットボール。チームメートの松坂も真っすぐと同じような球速でカットボールを投げる。それも参考に、変化は少なくても「空振りが取れる」ボールを追い求めた。

 鈴木博は真っすぐを投げる際、人さし指と中指を開いて投げる。これまでのカットボールはこの握りをずらし、手首を少しひねっていた。だが改良版は真っすぐの握りのまま、人さし指を中指に付けて投げる。腕の振りも真っすぐと同じな上、コントロールもしやすいという。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ